介護事業の開業・開設 立ち上げサポート 神戸 西宮 尼崎 兵庫 大阪

お問い合わせ・ご依頼は・・・TEL.078-414-8385

小規模多機能型居宅介護事業

従業者

日中の人数(常勤換算)
 通いサービス3名又はその端数ごとに1名以上
 訪問サービスを提供するために1名以上
 
例えば、通いサービス定員が15名の場合
 通いサービスとして5名
 訪問サービスとして1名
最低6名必要となります。
 
夜間の人数
 夜勤1名以上
 宿直1名以上
※夜勤・宿直は、労働基準法に抵触しないように注意してください。
※宿直は、労働基準監督署の許可が必要な場合がございます。
 
要件
 1名以上は常勤
 1名以上は看護士又は准看護士(非常勤でもよい)
 
Q&A 日中とは?
Q&A 通いと訪問の人員は固定?
Q&A 通いの利用者は毎日変動するが?


小規模多機能型居宅介護 指定基準

基本的には、通いサービスの利用定員の90%を基に人員を配置すべきとなっていますが、定員相当の利用者が集まるまでに日数を要することから、当面、定員の50%の範囲内で、あらかじめ届け出た利用見込数を前提に算定してもよいとなっています。

つまり、通いサービス定員が15名の場合

利用見込数を7.5人として、それに見合う従業者の配置=3名とすることができます。

業務開始から、定員が満員になることは難しいと思われますので、人件費削減のためにはぜひ利用してください。

通い定員15名の場合の従業者数

日中の時間帯を午前6時から午後9時の15時間、常勤職員の勤務時間を8時間とした場合

従業者は5名×8時間 = 40時間分のサービス提供が必要
つまり、5名以上で40時間分の勤務時間が必要となります。
ただし、誰もいない時間帯ができることがないように人員配置をしてください。

これに加え、訪問サービスのために常勤換算で1名以上が必要です。

夜勤の勤務時間が午後8時から午前7時までの場合、日中に該当する部分(午後8時から午後9時と午前6時から午前7時)の2時間は、上記の40時間分のサービスの中に加えることができます。

※人員の必要員数は、各自治体によって多少解釈が異なることがございます。担当者とよく話し合って確認するようにしましょう。


介護福祉事業
サポートセンター神戸行政書士橋本事務所


行政書士・社会保険労務士
officeyui

〒651-0084
神戸市中央区磯辺通1-1-18
カサベラ国際プラザビル10F

Tel.078-414-8385
Fax.078-414-8386

地図